水銀に関する水俣条約発効

「水銀に関する水俣条約」は、2017年5月18日付けで、締約国数が我が国を含めて50か国に達し、 規定の発効要件が満たされたため、2017年8月16日に発効することになりました。2020年には水銀灯の製造、輸出入が禁止になります。(特定水銀使用製品のみ)

水銀を使用するランプに関して
「ある一定以上の水銀含有量を有するもの等についての製造、輸出及び輸入を禁止する」 となっており、日本のメーカーのほとんどの蛍光灯は既に一定量未満を順守しております。無電極ランプも「特定水銀使用製品」には含まれておりません。規制の対象外ですので安心してご利用頂けます。

詳細については、下記ウェブサイトを参照ください。

経済産業省

http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/int/mercury.html

日本照明工業会

http://www.jlma.or.jp/kankyo/suigin/index.htm

コメントは受け付けていません。