エコ太郎 8つの特徴その7「質の高い光」

太陽光に近く、違和感のない自然な色合いの光です。光源が大きく柔らかい光のエコ太郎は、まぶしさもちらつきもなく計測ルクス以上の明るさを演出します。

生鮮食品を販売するスーパーマーケットなどにも最適な照明です。一般的に、演色性が高いと人間の目には明るく感じる事ができ、照度が低くても演色性が高いことで明るさをカバーすることができます。光源が大きく、柔らかいエコ太郎の光は、人の目に優しくより明るく感じることのできる空間を演出します。

演色性が高いと食品の鮮度が高くおいしそうに見える

演色性が低いと赤味がなくなり鮮度が落ちた様に感じる

演色性と購買意欲に関する研究は多方面で進められていますが、演色性が高いことが高い購買意欲を生むことは周知の事実です。生鮮食品を取扱うスーパーに加え、演色性が求められる車関連施設(カーディーラー、車の塗装工場等)にもおすすめ致します。

 

また、エコ太郎は紫外線が少ないのも特徴のひとつです。紫外線が少ないので、製品等の変色や劣化が少なく、虫も集まりにくいランプです。

コメントは受け付けていません。