環境environment

ご存知ですか!?

水銀に関する水俣条約 発効

2021年以降水銀ランプ製造禁止となりますが
無電極ランプ規制の対象外です。

1.水銀に関する水俣条約

水銀に関する水俣条約とは、水銀の一次採掘から貿易、水銀添加製品や製造工程での水銀利用、大気への排出や水・土壌への放出、水銀廃棄物に至るまで、水銀が人の健康や環境に与えるリスクを低減するための包括的な規制を定める条約です。2013年10月に熊本県で開催された外交会議で、採択・署名が行われました。2017年5月18日付けで、締約国数が我が国を含めて50か国に達し、規定の発効要件が満たされたため、本条約は2017年8月16日に発効することになりました。

水俣条約の主な内容

電池、化粧品や血圧計など水銀を含む9種類の製品の製造・輸出・輸入を2021年以降禁止

  • 輸出の際は輸入国の事前の書面同意を義務づけ
  • 歯科用水銀合金の使用を削減
  • 石炭火力発電所からの水銀排出削減
  • 小規模金採掘は使用を削減し可能なら廃絶
  • 新規水銀鉱山の開発禁止
  • 既存鉱山からの産出は発効から15年以内に禁止
  • 『法令』

    『水銀による環境の汚染の防止に関する法律』

    水銀汚染防止法とは、水銀に関する水俣条約の的確かつ円滑な実施を確保し、水銀による環境の汚染を防止するため、水銀の掘採、特定の水銀使用製品の製造、特定の製造工程における水銀等の使用および水銀等を使用する方法による金の採取を禁止するとともに、水銀等の貯蔵および水銀を含有する再生資源の管理等について定めた法律です。一般高圧水銀ランプは2020年、それ以外のランプのうち、基準値を超える水銀量を使用する製品は2017年以降、製造できなくなっております。

  • 『照明に関して』のポイント

    1. 一般照明用※1の高圧水銀ランプの製造・輸出・輸入を2021年以降禁止
    2. メタルハライドランプ・高圧ナトリウムランプは規制対象外
    3. 紫外線ランプなど一般照明用※1以外の特殊用途用ランプは規制対象外
    4. 蛍光ランプは、水銀封入量を規制(5~10mg)※2

    ※1 「一般照明用」とは照度を確保するためのものであって、高演色用及び低温用その他特殊の用途にのみ用いられるもの以外のものをいいます。

    ※2 弊社製品の無電極ランプ『エコ太郎』は規制値をクリアしておりますので安心してご使用いただけます。

ランプに関する水銀添加製品の製造・輸出入の規制

2.CO2削減効果

1台の水銀灯400W比で、なんと7,552kgの CO2を削減

一般の水銀灯400Wとエコ太郎でCO2排出量を比較してみると、定格寿命60,000時間(12時間・300日点灯で寿命約16年)で7,552kgものCO2削減効果があります。
これは、50年生育のスギの木約539本分の吸収量に相当します。(1本あたり約14kgの吸収量)

1ha(ヘクタール)=10,000㎡(100mx100m)の森の吸収量に匹敵。
水銀灯から5台エコ太郎に交換するだけで、なんと東京ドーム(46,755㎡)相当分の森の吸収量に匹敵するのです。
実はこんなにも効果があるのです。

ランプに関する水銀添加製品の製造・輸出入の規制

日本のCO2削減課題

そもそも、世界各国でCO2削減に励む背景として「パリ協定」があります。 パリ協定とは、2020年以降の地球温暖化の対策として、 第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)の開催地パリで採択された協定のことを指します。 具体的には、先進国・発展途上国を問わずすべての国が協力し、地球の気温上昇を抑えようとする、国際的な取り組みです。パリ協定では、21世紀後半には、温室効果ガスを実質ゼロにすることが目標とされており、 加盟国は、5年ごとに削減目標を見直し、国連に報告することが義務付けられています。

日本は2013年にCO2排出量の削減目標を「2020年度に、2005年度比で3.8%減」として提出しました。 ただこの数値は、先進国が排出削減を義務付けられた京都議定書の基準年(1990年)と比較した場合には 「京都議定書の基準年(1990年)比で3.1%増」だったのです。

目標が低いどころか、むしろ1990年からの増加を肯定している、と各国から批判を浴びたため、 2015年7月に再度「2030年度に、2013年度比で26%削減する」という削減目標を提出しました。 原則、一度提出した目標値は引き下げることができないため、日本政府は、目標達成のために企業に対してCO2削減の努力を強く求めています。

ESGへの取り組み

時代は、環境・社会・ガバナンスへの取り組みが適切に行われているかを重視する「ESG」など、持続可能な社会の実現へ向かおうとしています。 私たちプロライトは環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮している企業を目指します。

環境保護活動や地球温暖化対策など私たちに今出来ることを取り組んで参ります。 パリ協定の目標達成の課題である、CO2削減をはじめとする環境配慮は企業の間でも積極的に取り組む問題であるだけでなく、企業の価値向上・強味となっていきます。

ただ製品を供給するだけでなく、製品の環境負荷をより低減し、リサイクル、循環させていく事を重視しこれからも『ものづくり』を行っていきます。

3.照明器具の処分方法

照明器具の処分方法

無電極照明にはランプに微量の水銀が含まれており、蛍光灯と同様に “水銀使用製品産業廃棄物”に該当します。
廃棄の際は「本体器具」と「ランプ」は別々に処分をする必要があります。
後述のランプ取外し方法を確認して、安全にランプを取外してから廃棄物処理法に則り適正に行ってください。

無電極照明エコ太郎の廃棄方法について

無電極照明エコ太郎の廃棄方法について1
無電極照明エコ太郎の廃棄方法について2
無電極照明エコ太郎の廃棄方法について3
無電極照明エコ太郎の廃棄方法について4
無電極照明エコ太郎の廃棄方法について5